兵神装備株式会社

会社情報

沿革

兵神装備は1968(昭和43)年に創業しました。
創業者小野恒男は幼少の頃から起業を志し、戦地から復員してまもなく鋳鍛造品の仲買業の会社を立ち上げました。その後、自らの家業を模索しながらも、いくつかの工場を運営し、その過程で作業現場におけるポンプのニーズを見出しました。例えば、炭鉱内の湧水排出ポンプが砂ですぐ詰まることや、船舶用ポンプが船底に溜まる油汚泥を吸い上げられないこと等です。
その後、小野は運輸省管轄の日本舶用機械輸出振興会の理事として渡欧する機会を得ました。ポンプの新たな需要に着目していた小野は、この折に欧州のポンプメーカーのカタログを取り寄せ、その中から求める条件に適うポンプを発見しました。それは、フランスのR・モアノ博士が1930年代に航空機エンジンのスーパーチャージャーを開発する途上で発明した一軸偏心式のねじポンプでした。
このポンプによって現場の課題を解決できる。そう確信した小野は、ドイツの大手メーカー、NETZSCH社とライセンス契約を結びます。そして帰国後この原理を「ヘイシン モーノポンプ」に結実させ、これを事業の柱として、1968年1月に兵神装備を設立しました。
以来、半世紀。最初に需要を見出した造船業界を皮切りに、応用製品を次々と開発し数多くの生産現場や事業場でこのポンプをご活用いただいています。

創業時の本社(神戸市長田区)

会社の歩み
年代
製品の歩み
1968
兵神装備株式会社設立(神戸市)
ドイツNETZSCH社との技術提携契約成立。
1960
1969
ヘイシン モーノポンプ第1号機NE20を納入。重油精製の過程で出る不純物(オイルスラッジ)を船底から汲み出すスラッジポンプ。
1970
1973
滋賀工場(現 滋賀事業所)を竣工
1976
本社新社屋竣工(神戸市)、東京営業所(現東京支店)、大阪営業所(現大阪支店)、福岡営業所開設
1979
ドイツNETZSCH社との合弁会社、兵神ネッチュ(株)を設立
1970
1973
下水場向けに脱水ケーキ圧送装置を発売。ポンプ上部にフィーダーを装着し、脱水した汚泥を練りながら押し込み、処理場の焼却炉まで移送。
1974
食品移送用ヘイシン モーノポンプ第1号機NEL型を発売。分解洗浄ができるサニタリー仕様で、味噌やポテトサラダなど様々な食品を移送。
1980
1983
名古屋営業所(現 名古屋支店)開設
1987
走るショールーム、展示車デビュー
1980
1985
高精度吐出器装置、ヘイシンロボディスペンサーNDP型を発売。自動車部品製造工程に参入。
1988
粉体用ヘイシン モーノポンプ第1号機(PNS型)を納入。少量の空気で微粒子粉体を移送することに成功。
1990
1991
北関東営業所(現 さいたま営業所)開設
1990
1992
浄水場向け薬液注入ポンプとして、ヘイシン モーノポンプCV-MR型を発売。モーターの動力を非接触でポンプに伝達するマグネットカップリング方式により、薬液の漏れるリスクを無くす。
1994
2台のモーノポンプを直列につなぐことで、大規模処理場での高圧汚泥移送を可能にしたタンデムポンプシステムを発売。
1995
インバーターモーターを搭載することで流量の無段階制御を実現、サニタリーポンプの第2世代、ヘイシン モーノポンプNL型を発売。液だまりを無くすなど衛生面で向上。
2000
2000
滋賀工場、国際規格ISO14001の認証を取得
2003
全社で国際規格ISO14001の認証を取得

兵神ネッチュ(株)の合弁を解消して子会社化し、ヘイシンテクノベルク(株)に商号を変更
2004
技術研究所を設立(滋賀事業所内)
2007
ヘイシンテクノベルク(株)テクニカルセンター竣工(滋賀事業所内)
2000
2001
小型・軽量化し小型ロボットに搭載可能な、ヘイシンロボディスペンサーND型を発売。用途を大幅に拡大し、電機、自動車部品の製造ラインに参入。
2005
ドラム缶から高粘度液を引き抜き、移送・供給する、ヘイシンドラムポンプシステム発売。
2008
浄水場向けに、ヘイシン薬注ユニットオールinワンを発売。ポンプを中核に専用コントローラーや流量センサーを組み込むことでモーノポンプの性能を最大限に発揮。
2010
2010
横浜オフィス(現 横浜営業所)、東日本サービスセンター(現 東日本フィールドサービスセンター)開設
2011
滋賀オフィス(現 滋賀営業所)開設
2013
韓国にHEISHIN KOREA Co.,Ltd.設立、仙台オフィス(現 仙台営業所)開設
2013
台湾オフィス開設
2017
滋賀事業所の新館に製品ショールーム「プロダクトスクエア」を開設
2010
2010
マイクロリットルレベルの微少量吐出が行える、ヘイシンマイクロディスペンサーHD型を発売。スマートフォンの製造工程にも活用。
2011
食品製造の安全・安心に寄与し、2次電池製造用にも活用されるサニタリー仕様のモーノポンプNHL型を発売。
2013
ロータリー方式のヘイシントルネードポンプを発売。2つのロブローターを対向回転させることで、コンパクトボディながら大容量の汚泥処理が可能。
2015
自動車メーカーの製造ラインにホースなしに接着剤を供給できる「ホースフリーシステム」を納入。
2016
高温の蒸気で滅菌するSIP(定置滅菌)に対応したヘイシン モーノポンプNHLA型を発売。

現在の滋賀事業所

ページのトップに戻る