兵神装備株式会社

CSR

環境保全活動について

当社はヘイシン モーノポンプによる液体移送事業に取り組んでいますが、その一方でそれが地球環境にどのような影響を与えるかについても強い関心を持ち続けています。
これまで廃棄物削減や省エネにとどまらず、太陽光発電による創エネやエコロジービルの建設、さらには省エネ型ポンプの開発など、環境保全に積極的に取り組んできました。
今後とも限りある資源を有効に活用しつつ、環境に優しい製品を社会に提供していきます。

当社は2003年以降、環境マネジメントシステムの
国際規格ISO14001の認証を取得しています。

環境方針

環境理念

当社は、地球環境保全を人類共通の最重要課題と認識し、環境にやさしい製品づくりを通し、事業活動のあらゆる面で、「持続的発展が可能な社会」の構築に貢献いたします。

スローガン

限りある資源を大切にし、環境にやさしい製品を提供し続けます。

基本方針

当社は、広く産業界で多様なニーズに応える産業用ポンプシステムの開発・設計、製造、販売及びメンテナンスサービスを行っています。そして、その事業活動において環境に影響を及ぼす可能性を持っています。
私たちは、これらの事業活動による環境への影響を低減すると共に、汚染を予防し、周辺地域や社会の環境活動に貢献するため、組織体制・管理システムを確立し、継続的に下記の活動に取り組んでいきます。

  • 1. 下記の項目に目標を設定して取り組み、その達成状況を確認し、状況に応じて改善していきます。
    • ⅰ.資源・エネルギーの効率利用
      資源・エネルギーの効率的な利用により環境への負荷を削減し、資源のリサイクル活動・グリーン調達を促進します。
    • ⅱ.環境にやさしい製品の設計・開発
      有害物質を排除した製品や省エネ、長寿命化製品の設計・開発を行います。
    • ⅲ.環境製品の販売促進活動
      社会の省資源・省エネに貢献するグリーン製品の販売を促進します。
    • ⅳ.環境にやさしいアフターサービスの提供
      顧客へのメンテナンスサービスの提供により、製品の予防保全や長寿命化を促進します。
    • ⅴ.排出物の適正処理
      化学物質の適正処理、関連装置の改善により排出物の削減と適正処理を行います。
    • ⅵ.廃棄物の削減及び適正処理
      廃棄物の削減・分別収集、再利用の促進、適正処理を行います。
  • 2. 環境法令・条例・協定、その他当社が受け入れを決めた要求事項に関し、社内自主基準を定め、徹底遵守いたします。
  • 3. 環境教育、広報活動を行い、全社員が環境方針を理解し、環境保全意識の向上を図ります。
  • 4. 緊急事態発生時の環境汚染被害を最小限にするため、予防・緊急時対応に万全を期します。
  • 5. ISO14001に準拠した環境マネジメントシステムを構築し、維持・改善を行います。

2018年1月
兵神装備株式会社
ヘイシンテクノベルク株式会社
代表取締役社長 小野 純夫

環境トピックス

廃棄物全体の約8割をリサイクル

当社では廃プラスチックや廃用紙を固形燃料化することで、燃料資源として有効活用しています。従来これらの廃棄物は再資源化が困難だったため、埋め立てるか焼却するしかありませんでしたが、近年これらを燃料化することで、化石燃料からの置き換えによるコストダウンやCO2削減に寄与できるようになりました。
現在では当社廃棄物全体の約8割をこのような形でリサイクルしています。今後は処理方法の見直し等により、未だリサイクルできていない物質も含めた「完全リサイクル化」を目指します。

RPF(古紙および廃プラスチック類を主原料とした固形化燃料)

省エネ・創エネによる環境負荷の低減

エネルギー消費については毎年削減目標を決め、着実に成果を上げてきました。主な省エネ施策は、
・豊富な地下水を利用したファンコイルによる冷房装置の開発
・窓の2重サッシ化
・サーバー廃熱の活用
・照明のLED化
・遮蔽式ブラインドの設置 などです。
このような活動の積み重ねにより、ここ10年間で本社は使用エネルギーを半減、営業拠点は40%減、工場は生産量を10%程度高めつつ、横這いを達成しました。
また創エネの観点から、本社や工場の屋根上に太陽光発電システムを設置し、事業所の夏場・冬場のデマンド抑制に活用しています。すでに会社全体で630kW相当の発電を行っており、このうち500kW相当を電力会社に売電し、社会に電力を提供しています。さらにガスコージェネレーション設備やディーゼル発電機を導入し、ブラックアウトが生じた場合の非常用電源の確保も行っています。

  • 地下水ファンコイル冷房装置

  • 太陽光発電システム

  • ガスコージェネレーションシステム

エコ製品の開発

当社の製品モーノポンプは、高いエネルギー効率を持つ省エネ型ポンプですが、近年はさらなる省エネ、省資源を志向する製品開発を行っており、お客様の製造現場や公共施設での環境負荷低減に積極的に貢献しています。

  • ハイジェニックステーター
    食品業界向けヘイシン モーノポンプ専用のステーターを開発しました。従来はゴム筒部と金属外筒を一体成型していましたが、本製品では多角形構造のゴム筒部を金属外筒上下2部品で挟み込んでクリップ止めする構成を採用しました。
    これにより、工具を使わずに簡単にステーターを分解でき、各部品を隅々まで洗浄・消毒することができます。また接着剤を使わずに組み立てることで、化学物質の使用量を削減しました。
    このステーターを使用した場合、ポンプ性能が低下してもゴム筒部の交換だけで済み、金属外筒はその後もリユースすることができます。これにより廃棄物を減らし環境負荷を低減しました。
  • マイクロリットルシリーズ HMC型
    研究開発用途を想定した、微少量の定量吐出ポンプを開発しました。他方式に比べて製品自体をコンパクトにし、部品点数を極端に少なくした結果、製造材料を大幅に削減しています。またスリムケーシングにより、ポンプ内の残液量を低減し、合わせて低動力による省エネを実現しました。
省エネビルの建設:技術研究所

新製品を生み出すための基礎研究や、モーノポンプの特長を最大限に引き出すためのシステム開発を行う拠点として2004年に建てられました。この建物は、化石燃料への依存度を最小限にするよう、随所に設計の工夫を盛り込んだ構造となっています。
建屋の壁面3面はガラス張りで、どの面も二重ガラス窓のような断熱構造になっています。外側のガラス面と内側のガラス面の間には、人が通行できる程の空間があります。この構造が断熱壁の働きをして、寒い冬場は壁と壁の間に蓄えられた熱が研究所全体を温かく包みます。
また、天井はルーバー式になっていて、開閉可能です。ルーバーを開けると、冬場であればガラス越しの日光が広い実験場の床を温め、夏場は、断熱壁の間の床と天井を開放することで、暑い空気を上方に逃がすことができます。
ファンコイルと地下水を活用した冷房システムも導入しているので、年間を通して快適な環境を実現しながら、環境負荷やエネルギーコストも低く抑えられています。

環境報告書

当社の環境負荷低減活動や、サイト別環境パフォーマンス、地域社会とのコミュニケーション活動などを紹介しています。

  • 環境報告書20182017年1月1日~2017年12月31日の環境報告書です。(PDFファイル:約1.8MB)
  • 環境報告書20172016年1月1日~2016年12月31日の環境報告書です。(PDFファイル:約1.9MB)
  • 環境報告書20162015年1月1日~2015年12月31日の環境報告書です。(PDFファイル:約1.6MB)
  • 環境報告書20152014年1月1日~2014年12月31日の環境報告書です。(PDFファイル:約1.6MB)
  • 環境報告書20142013年1月1日~2013年12月31日の環境報告書です。(PDFファイル:約1.5MB)
  • 環境報告書20132012年1月1日~2012年12月31日の環境報告書です。(PDFファイル:約1.8MB)
  • 環境報告書20122011年1月1日~2011年12月31日の環境報告書です。(PDFファイル:約1.9MB)
  • 環境報告書20112010年1月1日~2010年12月31日の環境報告書です。(PDFファイル:約1.6MB)
  • 環境報告書20102009年1月1日~2009年12月31日の環境報告書です。(PDFファイル:約1.6MB)
  • 環境報告書20092008年1月1日~2008年12月31日の環境報告書です。(PDFファイル:約1.8MB)

ページのトップに戻る